経営情報MAGAZINE

会社経営で必要なISO14001やエンゲージメントスコアとは

会社経営で大切なこと

会社経営を行う上で大切なのが、従業員のエンゲージメントスコアの向上です。このエンゲージメントスコアを向上させるには、人事管理システムやチャットなどのコミュニケーションツールを使用することをおすすめします。人事管理システムを利用することで一人ひとりのデータを管理することができるだけでなく、人材育成やマネジメントにも役立てることができます。
コミュニケーションツールも大切なもので、報告や連絡以外にも、チームでのやり取りの場を設ける事であまり顔を合わせる機会のないデスクワークでもコミュニケーションをとることができます。他にも、スケジュールを共有する事のできるツールを使用して社員同士のスケジュールを把握することで作業効率を高めることができます。
このようなツールを使用して従業員のエンゲージメントスコアを向上させていくことができますが、会社経営で大切なことがもう一つあります。それは、ISO14001です。このISO14001について詳しく解説していきます。

ISO14001認証取得

婦人

ISO14001とは

1996年にISOが定めた規格にISO14001があります。このISO14001は、地球環境を守るために定められた規格で、地球温暖化や大気汚染、ゴミ問題などの環境破壊に対する意識を高め、企業全体で取り組んでいこうという規格です。
このISO14001の認証取得をすることで、地球環境を守るために取り組んでいる企業ということを証明することができます。

ISO14001認証取得の必要性

今現在、地球温暖化や環境破壊という環境問題に大きな注目が集まっており、多くの人が環境に対する意識を高めています。そのため、環境破壊に繋がることをそのまま気にせずに続けている企業は取引先や消費者からのイメージも悪くなってしまいます。
しかし、「私たちの企業は環境を守るために節電をしている」「ゴミを減らすよう努力をしている」などと言ってもそれを証明することができません。どのくらいゴミの排出量を削減できたか、どのくらい電気の使用量を減らすことができたか、クーラーの温度調整を社内全体で統一できているかなど、すぐに答えることは難しいでしょう。
このような取り組みを行っていても、他の企業や消費者にアピールすることは難しいものです。その取り組みを証明することができるのがISO14001です。ISO14001の認証取得をし、社員全員で環境問題に対する意識を高めることで、企業のイメージアップ以外にも、さまざまなコスト削減を行うこともできるというメリットもあります。